レプロエンタテインメント

レプロオフィシャルファンクラブ一覧


  • 新規登録・入会無料!
  • ログイン

11.13 UP DATE 09.11 UP DATE


information
information
2018.11.30
メディア出演

新進気鋭クリエイター・松居大悟さん脚本&監督、テレビ朝日平成最後の年の瀬ドラマ『平成ばしる』<2018年12月28日(金)深夜0:20~1:20放送 ※関東ローカル>に、主人公・猫宮唯役で出演することが決定しました!!


あの伝説的ドラマ「おっさんずラブ」も生み出した奇跡の年末深夜ドラマ枠で、「メディアの境界をぶち抜いた“多メディア”混乱パニックコメディー』が誕生します ! 
舞台はテレビ朝日、J-WAVE、AbemaTV ! 六本木ヒルズに集まる実在のメディアが前代未聞の総協力でお届け ! 
2018年の大みそか、これら別々の場所にいる別々のメディアの人々が“年越しそば”を発端に大混乱 ! 
コッチに来るはずの人が来ない ! アッチにいるはずの人がココに ! ?
どうにか何とか、ごまかせ、やり過ごせ・・・ ! ! 
実在メディアの媒体の壁を取っ払ってお届けする異色ノンストップ・パニックコメディー。

稲葉友は、テレビ朝日のAP・猫宮唯役で、民放ドラマ初主演を飾ります。

ヒロインに阿部純子さん、さらにご本人役で松重豊さんが出演 ! 
さらに、物語内に登場する番組と出演者はほぼすべてが本物 ! 
アンタッチャブル山崎弘也さん、フットボールアワー後藤輝基さん・岩尾望さん、松居大悟さん、千原ジュニアさんらそうそうたる顔ぶれが集結 ! 

登場人物たちがいろいろな場所で複雑に絡み合っていき、やがてナゼかハッピーエンドに向かっていく奇想天外なパニックコメディーを、松居大悟さんのその卓越した才能で巧みに操っていきます。

虚構と現実が入り交じる中で展開されるドタバタ劇・・・一体どんな世界が見られるのでしょうか !?

【稲葉友(主人公・猫宮唯役)コメント】
 人と人がかかわることでいろいろな問題が起きてしまうということを本当に丁寧に描いていて、とても松居さんらしい脚本だなと思いました。バラバラに起こっていた事柄が最後にはきちんと収束され、心もキュッと掴まれる。ハートフルで素敵な物語ですし、『テレビ朝日』『J-WAVE』『AbemaTV』というメディアの垣根をここまでグルッと越えるなんて、「一体どんな効果が生まれるんだろう…!」とも感じました。
 
松居さんとは一度お仕事させていただいているのですが、印象は『人たらし』です。「松居さんのためなら」って人が周りにどんどん集まってくるタイプというか。だからこそ今回のような発想の物語が生まれるんだろうなと思います。とても魅力的な方ですね。褒めるとすぐに「うるせえ」って言いますけど(笑)。
 
ずっともう一度やりたいと思っていた松居組、しかも演劇でお世話になっている方や普段からよく舞台などで見させていただいている方々がたくさんいらっしゃる中で主演をさせていただけるのは、すごくうれしいです。主演という肩書きにとてもプレッシャーを感じやすいタイプではありますが、平成最後のエネルギー全部使い果たすつもりで臨ませていただきます。
年末にピッタリなドタバタでハートウォーミングな作品になると思うので、皆様ぜひ完成をお楽しみにしていてください。


【『平成ばしる』あらすじ】
2018年12月31日。テレビ朝日では「東京らふストーリー」の収録が行われ、APの猫宮唯(稲葉友)は2本目の収録の特別ゲスト・松重豊(松重豊さん・本人)の出迎えへ。だが途中、スタッフ用に用意した年越しそばが足りないことに気付き、先にスーパーへ向かうことにする。  同時刻、J-WAVEは生放送中の番組対応でスタッフがバタバタ。そんな中で、番組内で紹介するそばを運んでいた江國彩香(阿部純子さん)が転倒! そばを全てこぼしてしまい、慌てて代わりのそばを買いに走ることになる。しかしこの年末で、どこもそばだけが売り切れ…。諦めかけたその時、大量のそばをカゴに入れた猫宮が目の前を通り過ぎた。テレビ朝日のスタッフパスを付けていることに希望を見出した彩香は猫宮に「そばを一つ分けてください!」と頼むが、猫宮は冷たい対応。
「同業者なら分かるでしょ!?」「ラジオだったら音でなんとかなるでしょ!?」
言い争いをしている中、猫宮に着信が。予定時刻よりも早く来たゲストの松重豊がテレビ朝日の入り口に誰もいないため、六本木ヒルズの車寄せに移動してしまったというのだ。その場所が分からない猫宮が焦っていると、彩香が「近道、知ってるなぁ」とポツリ。2人は話し合いの結果、彩香が松重の迎えに、猫宮がJ-WAVEのスタジオにそばを届けに走るが…!?

【スタッフ】
脚本 : きたむらけんじさん 松居大悟さん
監督 : 松居大悟さん
プロデューサー : 飯田爽さん(テレビ朝日)、和田大輔さん(イメージフィールド)
制作協力 : イメージフィールド
制作著作 : テレビ朝日